カテゴリー : 2011年 3月

回線スピードおせぇーよ(#^ω^)ピキピキ

ここ数日すっかり暖かくなってきてそろそろ春かぁなんて思っていたらまた寒くなってきましたね。
これはうっかり暖房器具を仕舞ってしまったわたしに対する挑戦かぁぁぁ!?
うおぉぉぉぉ!!カチィン! チィン! ぶはぁ!

風邪引かないように気をつけたいデス(ガタガタ)

☆★☆………………………………………………☆★☆

さて今回は久々にPCのお話をしようとおもいます。

以前どこぞのブログやっていたときで回線スピードが遅くていろいろ試行錯誤していたのですが、
家の構造上どうしても無線LANにしかすることができなくて結局NECのWR8700N(HP)という高性能ルータに乗り換えた結果かなりの向上が見られた感じでした。
あるとき、ブログにデジカメで撮った画像をアップする際あまりにも時間が掛かりすぎると感じあれぇっと。
そのときはどうせサーバー側が重いだけだろうと高をくくっていてあまり気にはしていませんでした。

しかし、最近になって速度測定サイトで調べると下りが良くて11Mbps 上りに至っては4Mbpsというアホみたいな数値しかでないので、少し調べてみることにしました。

●まずどこで速度が低下しているか?
とりあえず有線接続で測定
わたしの環境ですとみかか西の光プレミアムなのでCTUに直接接続した結果!!

オセェ( ゚д゚)

そこで満を持してCTU再起動!

オセェ( ゚д゚)

PCスペックは(09春)dv5をWin7x64化しRAM4GB HDDもWD5000BEKTに換装して運用
2年前のラップトップ性能とはいえ大きく足を引っ張っている訳でも無さそう

ウイルス対策ソフトのファイヤーウォールを切ってもほぼ変わらない

LANケーブルを別のポートに差しても、ケーブルを変えたりCAT 5 CAT 6と試して見ても変化なし

●PCの設定を疑う

せいかい→RWin値

どっかの巨大掲示板ではWindow7ではRWin値が自動化してくれるので触るな的な書き込みをよく見ますが、わたしの環境下において弄らないと全く速度が出ませんでした。

以下が弄った項目ですが、あくまでも各個の環境によって最適な設定にしないと効果が得られないばかりか悪化する可能性があることにご留意下さい。

netsh コマンドで受信ウィンドウ自動チューニングレベルをrestricted

NetTune(レジストリの値変更)でAFDを調節 DefaltSendWindowを257232

これらが変更した値ですが、netshコマンドで自動チューニングレベルを変更した後、上りも下りもほぼ同じくらいの速度が出ているようであればAFDの値を変えなくてもいいと思います。
しかし、下りは早くなったのに上りの速度が以前と変わらないようであればAFDを弄る必要があるようです。

これによって無線LAN時においてもWR8700Nの恩恵でリンク速度が常に160Mbpsオーバー出ているので有線と遜色ない速度が得られます。

まぁ体感的にはSkyDriveにPDFデータ等をアップするときかなり早くなったと実感できましたし、ニコニコ動画のプレ垢回線で読み込みが早くなって下りも速くなった感じです。

☆★☆………………………………………………☆★☆

ところで毎月1回更新のはずが気がついたら3月になってたし。。。ぐぬぬ…
というか今回画像とかなくて文章だけでだr(ry