カテゴリー : 自作PC

2013年のハイライト(震え声)

ぐうたらしてたらろくに更新もせずに1年過ぎてたゾ…(池沼)

2012年11月頃

PLEX PX-W3PEを買ってPCIスロット埋めてた。

DSC00979r

DSC00981r

2013年1月頃

何故か元旦早々からPCのクーラント入れ替え。
青色LLC(後に水冷用と比べ粘度濃いすぎて後悔することに)

DSC01004r

Steamにドハマりして適当にゲームを買いまくる。
PC版Skyrimを箱コンで快適にやろうとしてXBOX 360 ワイヤレス ゲーム アダプターを買う。

DSC01008r

Logicool M570のスクロールクリックがチャタり、2代目に突入。

DSC01009r

2013年3月頃

3画面をしたくて血迷ってMSI N650GTX ARMOR 1G OCを買う。(面倒くさくなって後に2ヶ月で使わなくなり箱にしまわれる)
CrystalDiskInfoで健康度が注意になったWDの1TBを退役させて同じくWDの3TBに交換。

DSC01012r

ローエンドグラボで2スロット占有は我ながらアフォだった。
DSC01029r

2013年8月頃

フィギュア買って一人撮影会してた。
恋と選挙とチョコレート 恋チョコフィギュア2 フリュー 木場美冬

DSC01078r
DSC01081r

DSC01082r

2013年10月頃
引っ越しをしたのでネット回線開通工事までの1週間ほどの間真面目にergやる。

生活環境はよくなったものの、忙しくなったので後半ダレてる。(ヽ´ω`)
そんな感じの1年でした(´・ω:;.:…

早く涼しくならないかしら(-ω-)

9月です。でも暑いです。屋外で作業なんかしていると汗という名のるててぃあ汁がダラダラ出てくるのでしんどいです。

最近買ったもの(だいたいあやしいものばかり)
1.キーボード(KBtalKing Race 75%)
2.HDMIキャプチャーボード(DM626 H3)
3.HDMIスプリッター(LKV312)

ということで簡単レビュー

1.『KBtalKing Race 75%』

メインで使っているMajestouchが重くてデカイので、若干取り回しがしづらくサブ機を探しているところでコレを発見。
キートップが光るコンパクトなキーボードを求めていたので、赤軸、白LEDのものをセレクトしました。
ググるとわかりますがイマイチ購入先や型番が不明確なものなのですが、ツクモで購入したところでは、これはタイムリーというところが輸入販売元になっており怪しさ120%


中身はUSBケーブル1.5m、キートップを外す工具、簡易日本語マニュアルとなっています。

赤軸だからなのか奥の基盤が赤いです。

英字配列&コンパクトテンキーレスなのでレイアウトが独特ですが、まだ許容範囲内かなと

全体の大きさはロジクールのM570と比べるとコンパクトなのがわかるかと思います。

暗いところでもハッキリとキーの場所がわかります。明るさ調節が細かくできるので割と親切設計です。

使用感としては茶軸→赤軸なので若干キーに弾力があるかなーと思う程度です。重量が500gなので片手で持っても余裕です。しかし値段の割には作りが安っぽい感じですし、光らせていないとややキートップの文字が見づらい感じなところが残念。まあ光るとはいえブラインドタッチできるとなおよしといったところ。
近々これがもっとコンパクトになった『KBT Pure 60%』がリリースされるみたいです。

2、3.『KEIAN DM626 H3』とノーブランドなHDMIスプリッター『LKV312』

けいあん!でおなじみの激安あやしいPC機器ですが、これはパッケージのどこにもKEIANの文字はありませんし、ドライバーもアレな感じの機器です。スプリッターの方もシンプルです。

付属品はあやしいドライバーとあやしいキャプチャーソフトが入っているらしいCDと固定用ねじ2本

シンプルにまとまっています

HDMI端子が三つありますが同時に一つまでしか使用できないみたいです。(謎設計)

スプリッターの方は読むまでもない英語マニュアルとACアダプターが付属です

ここからが問題でした!!

ちょろーんとぐぐっているとわかりますが、このようなキャプチャーボードはX79チップセットとの相性がすこぶる悪いということです。デデドン!(絶望)

ここからは動作するか?認識するか?というのは個々のPC環境によってバクチに近いレベルなので参考程度でどうぞ。
私の環境はマザボがASRock X79 Extreme9なのでPCI-Eスロットが6本あります。
その内の6本目(一番下)はUEFI(BIOS)上でLink SpeedとLink Widthが個別に変更できるようになっています。

コレをLink Speedは【GEN1】Link Widthは【X4】にすると認識され、デバイスマネージャー上で表示されるようになります。いろいろ試してみましたが他のスロットでは挿しても認識されません。

ASRock謹製のUEFIだとこのようにSystem Browserで確認ができます。

X79の情報が少なくこれを特定するために1週間かかり、もう少しで危うくただの光るボードのオブジェ化するところだったのでX79のマザボ使いでお困りの皆様は是非試してみてね♪

ということで前回からPCI-Eまわりのレイアウトの順番が変更になりました。
1番スロットがグラフィックボード、3番がサウンドボード、6番がキャプチャーボードとなっております。※配線に突っ込むのは野暮です

うつくしい(と一人で思っています)

とりあえす完成!

水冷でいょぉ(・ω・)ノ

3ヶ月ぶり・・・?
なんかやる気が出なくていろいろやっていたのに更新は放置していましたorz

前回に続きPCな内容ですが・・・
既にカオスなPCが気づけばこんなことになっておりました。
(工事中風景)

本格水冷!

スペック

  • CPU水枕:XSPC RayStorm CPU
  • GPU水枕:XSPC RayStorm GPU
  • ポンプ:JINGWAY TECHNOLOGY DP-1200N
  • リザーバ:Bitspower Water Tank Z-Multi 250
  • チューブ:Clearflo Tubing ID3/8 OD1/2
  • 折れ防止コイル:UV Reactive Smart Coil 300 Clear
  • フィッティング:G1/4″ SS Compression Fitting ID3/8-OD1/2 15個くらい
  • フィッティング:G1/4″ SS DR 45-Angle Comp ID3/8-OD1/2 2個くらい
  • フィッティング:G1/4″ Silver Shining 3/8″ Fitting
  • フィッティング分岐:G1/4 Crystal T-Block
  • フィッティングバルブ:G1/4 ボールバルブ 2個
  • ホースバンド:Oetiker 140-706R 2個
  • クーラント:Thermochill EC-6 – Clear
  • ラジエーター:Black Ice GT Stealth 360
  • ↓ここからなんか迷走

  • 温度センサー:Temperature sensor G1/4 with C/F Display
  • ラジエーターファン:SWiF2-120P 3個
  • ラジエーターフィルター:SST-FF121B 3個
  • VRAM用ヒートシンク:アイネックス チップ用マルチヒートシンク HM-19 3セット
  • その他:アイネックス ATX電源検証ボード KM-02B
  • その他:M4ねじとかステー 大量

  • 完成後(たぶん)



    どう考えてもケース狭くて泣きそう

    でかいケースに移植したいけど面倒くさいからいいよね

    GPUの水枕なのですが公式ではGTX570はサポートされてないようですが、ついちゃいました。VRAMの発熱が心配なので汎用ヒートシンクを10個ペタペタ

    まあ水温が室温+3~5℃くらいで安定しているので上出来じゃないのかな

    ι(´Д`υ)アツィー

    前回チラッと書いた排気ファンを増設していて本当によかったと思える気温になってきた。
    新たにつけたところはこのへん

    4センチを3発
    さらにHDDがアイドルで40℃いきそうだったので吸気兼ケース内効率化にエナマ12cmを1基(画像右手前)これで30℃安定マジおすすめ

    ついでにメモリは16GBだとちょっとアレな感じだったのでKVR1333D3N9/4Gを追加で4枚投入!計8枚構成になったのでメモリ付近がカオスってたのでもっとカオスにしました。(ドヤッ)

    Corsair DOMINATOR Airflow Fan CMXAF2を2基
    1つは普通についたけどラジエータ側がどう考えてもスペースに余裕がないことは購入前からわかってたけど、安定のタイラップ留めで固定。動いたり振動したりもないので今のところオッケーかな。

    ご、5月…

    なんということでしょう。4月はどこかへ消えていってしまいました。
    な、なんだってー!(リアル多忙)

    ということで5月になってしまいましたが、慌てず騒がず更新といきましょー!!
    さて、3月からちょっと大がかりな散財してしまったので、世間はGWというのに財布の中が寂しいです(´;ω;`)

    その大がかりな買い物はズバリPCです。しかも自作、初自作。結果から申し上げると、予算オーバーも甚だしい金額になってしまったので詳しい金額は伏せておきます。

    この時期にPC自作ときて「先日発売されたIvy Bridgeか!」とお考えの方は残念ながら不正解です。

    正解は「Sandy Bridge」です。
    しかし、巷で言われている型落ち寸前買いのほうではなくLGA2011のほうです!しかも「Sandy Bridge E」でもなく「Sandy Bridge-EP」のほうです。
    つまりCore i7でもi5でもないXeonとなります。
    そうです、漢のXeon!!(CPU高杉わろた…わろた…)
    \デデーン/

    てな訳で5年以上は戦えそうな構成にしてみました。

    ケース;SST-PS06B-W
    M/B;X79 Extreme9
    CPU;Xeon E5-2640
    CPUクーラー;KUHLER-H2O-920
    RAM;KVR1333D3N9/4G*8(追記)
    GPU;GV-N570OC-13I (rev. 2.0)
    SSD;CT256M4SSD2
    HDD;WD25EZRX,(※WD20EARX,WD10EADS)
    OS;Windows 7 Professional SP1 64bit DSP
    電源;SS-760KM
    サウンドカード;ASRock Game Blaster(M/Bに付属)
    ドライブ;BR3D-12FBS-BK
    他多数…

    ※前PCから流用
    \どーん/

    これを少ない時間のなか必死になりながら2日に分けて組みました。(なんだよこれノートPCの分解&組み立ての方が余裕で楽だろとか思いながら…)
    \ジャーン/

    正直メモリとドライブはケチりました。
    と思ったら、メモリチップが今はなきELPIDAだったという(゚д゚)!

    ありがとうKingston!!ありがとうELPIDA!!

    光り物はあまり好きではないのでほぼないです。

    ある種の指標となるエクスペリエンスインデックスのスコアはこうなりました。

    これでもえろげしかやらないなんちゃってゲーミングマシンにするつもりだったんですけどね…

    PCケースは国内仕様の配色が好きではなかったので並行輸入品を探してきました。
    ただPCケースのデザインは気に入っているものの内部が狭い。ただこれだけがちょっと後悔ですがGPU等の物理干渉はないのでとりあえず運用中。
    標準では背面ファンがついていないので排気が足りてなくて少しエアフローが悪いような気がします。
    この辺のエアフローについては近日次回更新にファンを追加した画像でも乗っけようと思っています。