投稿者アーカイブ

USBはぶはぶ

USBオーディオインターフェース2コに地デジチューナーと冷却ファンを接続すると電源容量不足な気がしたので、
激安プラネックスのバスパワーUSBHUBを投げ捨ててELECOMのセルフパワーUSBHUBを買ってみた。
コレ↓ USBHUBは長く使えるものなのでちょっといいものにした。
ELECOM USB2.0HUB 個別スイッチ付 セルフパワー 7ポート 2m シルバー U2H-TZS720SSV

でこうなった

今のところ特に問題も無く動作、スマホも充電可能

流石に10ポートは各個の供給電力が落ちそうなので7つでおっけかなと

また配線カオスなことになってしもたわ(´・ω・`)

やっぱりハードケースがいちばん!!

はいまたGALAXY S II LTEのケースを買いました!!
左 SGP Neo Hybridがなぜか二つ 右 Case-Mate Barely There Case – Brushed Aluminum, Black

Neo Hybridは購入当初デザインを気に入って使っていましたが、背面シリコンカバーにフチの部分がポリカーボネイトを被せるセパレートタイプになっていました。ということは…申し訳ないがホコリが本体とケースの間に入ると傷がつくのでNG
さらに使用後しばらく前面のサイドが若干ブワ付いてくるし、L字のイヤホンジャックが刺さりにくく、microUSBケーブルが若干干渉してました。またこれはこの機種特有のアレなんですけど本体スピーカーの位置が派生仕様によって違う。
などびみょーに不満満載でしたが、Case-Mateのこのケースはサイズぴったり干渉なしの一体型ケースとなり、まさに理想的!やったね☆
ケース代にいくら掛けたかもうこれわかんねぇな(絶望)

オーディオインターフェースとか

—–始めに前から欲しかったモノを奮発して購入したので今月の更新は多め—–

●Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD
S/N比114dBとか光デジタル入出力が充実していたので購入


でこうなった

しかしコレを買った大部分の理由は光デジタルで入力した音声をPC上でmixしてアナログ端子で出力出来るという荒技を行うためであーる。

今まで光デジタル端子(角型)なんざいつ使うのよさ…ってくらいオーディオはRCAと3.5mmステレオミニプラグ環境に依存してました。ところで箱○でゲームの音声を出力させるときにHDMI接続した液晶ディスプレイ内蔵スピーカーから流れる聞くに堪えないクソ音声が嫌になってきたので、なんかいい方法ないかなと模索してました(実は箱○購入時からだったり)。ここまで書けばなんとなくこのオーディオインターフェースとの相互関係が分かると思いますが、つまり

                    ~映像と音声~                              
          ┏━━HDMI━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ディスプレイ
          ┃
          ┃
薄型箱○━┫                              Output
          ┃
          ┃                           ~音声~
          ┗━━S/PDIF━━[オーディオインターフェース]━①━[PC]━┓
                                    ┃  ┗━━━━━②━━━━━━┛
                                    ┃
                                    ┗━━━━━③━━━━━━━━2.1chスピーカー

ということになります。(下手くそな図ですいません)ちなみに箱○はHDMI端子と光デジタル端子との同時出力できます。ディスプレイからでる音声は放置プレイ(^q^)
この接続方法だとPCを起動しておかないといけないというデメリットがありますが…
接続に関して注意する点は箱○ダッシュボードからオーディオ設定をデジタル出力にしておく程度です。

さて、コイツをPCで使用する場合ですが、使い道に困るようなゴミソフトに目もくれずとりあえずコンソールパネルをインスコしました
●USB Sound Blaster Digital Music Premium HD

以前から所有していたSound Blaster X-Fi Go!と比べ設定項目がゴソッと減っているのが頂けません。
●Sound Blaster X-Fi Go!

また、かなり設定に難があり、THXを弄ると音が大きく変化します。さらに、Windowsのサウンドパネルを巧みに操らないと出力したい端子から音がでない(´;ω;`)なんてことになりかねません。

まあなんだかんだ書きましたがそこそこいい買い物だったのかなと
(ぶっちゃけSound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proを買っとけばよかったと思わないこともな(ry)
5.1chとイコライザー的な意味で

しかしSound Blaster X-Fi Go!はブツブツ音酷くて泣けてくる

ドラゴンボーン()ってなんなんすか?

経緯:なんかひさびさにGEOの箱○ソフトのコーナーを覗いたらオブリビオンが980円で投げ売られていたので、持ってなかったし買うかーと思ったらたまたま目にとまったスカイリム買ってきてた。 完

RPGとかあんまり真剣にやったことがなかったので、つまらなかったら売るかー的な気持ちでプレイしたら一週間でプレイ時間60時間超え。
中毒性アリ

やや脳筋メイジスタイル いまのところレベル30
錬金エンチャ武器の売却おいしいです^q^
近日1.4.0のアプデでいろいろバグ修正される様ですがおいしいところは残ってて欲しいな-とか…
野良ドラゴンとエンカウントするとカクツク時がありますが幸いフリーズは1回しかないです。(薄型箱○HDDインスコ)
ペットの(U^ω^)わんわんお!がやたら強くて連れの傭兵と結託して敵をフルボッコ(外ステージだとおうまさんも参戦)にしてくれるので、たまに何もすることがなくて見学してる(´・ω・`)

まだ南東部が手つかずなので早いとこ進めたいけどクエスト多すぎてその都度引き受けていたらどこの誰から依頼されたのか忘れた。(´・ω・`)

たぶん今月はこれずっとやってると思う。

とりあえずコレ貼っときますね(^ω^)

個人的には各地の宿屋で聞くことが出来る歌の『ウルフリックに死を↑or万歳↑』のフレーズで毎回吹く
声優さん大変すなぁ

(ちなみにこの投稿が1月更新分です)

ス、スマホ・・・

実に今更かよ!と言っても過言ではないアイテム使いになりました。

で、

今回は12月が多忙により更新出来なかったので1月にとなりました。
購入した機種はこちら

docomo NEXT series GALAXY S II LTE SC-03D
http://www.nttdocomo.co.jp/product/next/sc03d/index.html

なのです

が、

実はこの機種を購入したのは2011年11月24日でして詰まるところの発売日当日に買って今まで使用してきた上で感想や使用感について書いてみようと思います。しかし、長々とアレやコレや書くのは得意ではないので簡潔にまとめると、

●超ヌルサクオーバースペックで個人的に快適だと思われる。(購入して以来CPU使用率が50%を超えたことが2度しかない)

●画面が4.5インチとかなり大型なので動画再生に最適だが通常使いだとでかすぎて指が端まで届かない。

何もしなくてもバッテリー馬鹿食いで1日持たない。さらにLTEエリアに入ると何もしなくても凄まじい勢いで残量が消えていく。(要省電力アプリ&モバイルブースター等)

●明るさセンサーがバグ持ち(要アプリでカバー)

●電源ボタンと音量ボタンが向かい合っているのでたまに誤爆する。(片手で持って電源をスリープにしようとするとうっかり音量を変えてしまう)

●ロックスクリーンの挙動が変(ホームアプリを純正UI以外に変更すると致命的にダサいタッチロックなものに固定される)

●カメラ赤カビ発生(恐らく不可避)

●まとめ だれかなんとかして

ところで、予定されているICSへのアプデでバグが減るどころか増えないことを祈るばかり

以下画像


裏面

裏面カバー部(赤sim、密林Transcend microSDHCカード 32GB Class4、電池パック SC04)

保護ケースはSGP製NEO HYBRIDのホワイトとシルバーを使用

詳しいことはスマホ板の本スレ見るとよろし

ネズミ

久しぶりにねずみこうた。ロジクールのG700というやつ。
今まで使用していたMX518は密林のコスパがよかったのでとりあえず流れで使っていたが、スクロールが残念だし横スクロールが付いたものが欲しかった。

上位機種のわりには簡素なパッケージング

スペック厨が喜びそうな多ボタンマウス

1週間ぐらい使ってみての感想
〇簡単な操作(コピペなど)をボタンに割り振ると便利よすぎ
〇G-Series後継とだけあって細かい設定ができる
〇親指があたる部分がMX-Rによく似てフィット感がいい
●電池の持ちがカスい
●前評判通り付属の充電ケーブルが硬くて取り回しがしづらいので別途汎用micro-Bケーブルをマジオススメ
●とりあえず重い

さらになんとも面倒くさいことにSetPointのプログラムがG700はMX518と別になってしまいました。

ウチのねずみ三兄弟(奥からMX518,VX Revolution,G700)

ただ私は手が小さいのでVX Revolutionが一番しっくりきて気に入っています。

Forza Motorsport 4 Limited Edition

FM4ついに発売されましたねーということで毎度おなじみの密林から到着。

リミテッドエディションは特典祭だったのでもっと大層なものを期待していたけれど割とシンプルなサイズ。
ちょうど一般的なDVDケース2枚分の厚さ

取り出すとディスクケースとアートブックとその日本語訳の冊子という内容

アートブックの質感が豪華。例えるならディーラーに置いてある国産高級車のカタログクオリティだけど、自分の個体はところどころ擦り傷がありちょっと残念。特典の1つのロゴステッカーセットはこのアートブックの最後のページに挟み込まれてました。

いろいろ辛口な解説が書かれてあります。

ディスクケースをくぱぁすると限定版って感じの風格。左はDLCの厚紙と必要最小限な内容で構成されているペラペラな取説、たまに入っているお客様アンケートの紙で以上です。

“ゲームディスク”のガワはこんな感じでした。
ざっと内容
ライティングがピッカピカ、車によってはめっっっっっっちゃリアルなモデリング、日本車はそこそこ。
ゲームの内容はだるいからこの辺で割愛。

フォトモードで適当に撮影
FM3のときと同様にMyforzaからダウンロード可能→http://forzamotorsport.net/en-us/Profile.aspx
今回は通常画質で撮影すると720pで出力できる。

ついでにビックショットとかいう高画質モードで出力するとCS機ではあり得ない解像度(3840*2160)の画像が23MB近くのbmpファイルで出力される。


↑サイズ的にもトラフィック的にもアレなので画質がさほど分からない程度にjpg再圧縮しました。↑

新しいイヤホン買いました

今までメインで使ってたVictorのHP-FX500が3年間使用した結果、全体的にくたびれてきたので新しくと思っていろいろなサイトを巡っていたら同じくVictorのHA-FXT90という機種が魅力的だったので早速買ってきた。

と思ってたらなぜか3000台限定なはずのHA-FXT90LTDがふつーに在庫あったので即購入してた。
参考URL↓
http://ascii.jp/elem/000/000/605/605674/(他所のページに飛びます)
これもしかして予約してないと買えないような代物なんでしょうかね・・・

限定品だけあってすごく見た目はイイです!

Y字の刻印はHA-FXT90となっていました。
HA-FXT90LTDはケーブルも赤い網組タイプの専用品なのでスタイリッシュに見えます。

音について感想を述べたいところですが、まだエージングもやってないどころか数回しか装着したことがないので今のところは控えさせて頂きます。

さらばHP-FX500(まだ十分に使えますがメインからサブへ)

音以外でHP-FX500とHA-FXT90を比べて気づいたことは、プラグの形がHA-FXT90はL字型でコード長1.2m HP-FX500はストレート型でコード長0.8mというところ。
正直HP-FX500のコードは短いような気がしていたので改善されたということでしょうか。
L字かストレートかというところは端末の都合や個人で好みがあるので何とも言えないところでしょう。

まあでもVictorのFXシリーズは一風変わったおもしろい機種を出してくれるので非常に満足度は高いです。

今回3年ぶりに自分用に買ったイヤホンが限定モデルだと一層愛着が湧きそうです。
(贈答用とか友人の付き添いとかは結構あったのですけどね)

ここだけのはなしHA-FX3Xもなかなか魅力的でしたけど最近ドンシャリにウンザリしてきたりしたので大人しめのチョイスで(;´∀`)

お引っ越し~その後~

無料サービスからいそいそと抜け出してレンタルサーバに丸々お引っ越ししてきましたよっと(・∀・)

細かいところでの自由度は増しているのだけれど若干サーバのレスポンスが遅いような気がするけどまあいいやっ!

今日は久しぶりに動画をぺたぺた

うーんそんなに悪くはなさそうなアニメ化ですけど、原作積んでいてやってナッシングヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

それとこの画像を撮ったのは発売日付近だったけどまだ上げてなかったような気がするので「いろとりどりのセカイ初回限定版 byメディオ」(eneloopによる自主規制w)

そしてこれも

積みましたごめんなさい

最近何も消化してないのでそろそろヤバイまじヤバイ未だにカミカゼやってるしなんとか(ry

夏対策

この季節になると新型になって改善されたといえ、ただでさえ廃熱がボーボー出ているウチの箱○さんが心配になってきたので去年てきとーな用途で購入したこれ(記事参照)を側面の排気口にポン付け?載せしてたのですが、如何せん爆音&ただ熱風がいつもにも増して舞い上がっているだけじゃないのかということに気づいてしまったので、急遽というか衝動的に冷却ファンをポチっていました。
で、どんな冷却ファンかといいますと

海外のゲーム周辺機器メーカーで有名らしいNYKOというところのINTERCOOLER STS for Xbox 360
を密林さんで購入しました。
もちろん正規にマイクロソフトから出ているアクセサリーではないので多少の立て付け悪さだとかチャッチさは覚悟していたのですが、冷却ファンの箱にしてはムダに立派で本体外装も箱○さんのツルテカブラックとぱっと見遜色のないほどマッチしていました。ですが若干本体との隙間が開いているように見受けられました。
(ホコリ中尉w)

ドッキング全体図

そこで肝心の冷却性能ですが思っていたよりもパワフルに動いてくれてるみたいで、本体の温度はさほど熱くはない代わりに冷却ファンの外装がめっちゃ高温になっていましたw
あと割と重要なことなのですが思いのほか五月蠅い。。。
温度変化によってセンサーが自動で判断し、回転数が変わる的な感じ?ですがフル回転しているとゲームの音が聞こえにくくなるかもしれません。

他に使ってて気づいたことは下の画像のように排気が放出されるのが右斜め方向なので、箱○本体を左前方に置いているともろに熱風を浴びている自分がいるので購入を検討されている場合は設置場所にご注意を。

とりあえず1週間程度使って気づいたことを羅列してみましたが、専用品ということもありますし、そこいらのPCファンを流用するより見た目がイイ感じなので個人的には満足度は高い買い物でした。