オーディオインターフェースとか


—–始めに前から欲しかったモノを奮発して購入したので今月の更新は多め—–

●Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD
S/N比114dBとか光デジタル入出力が充実していたので購入


でこうなった

しかしコレを買った大部分の理由は光デジタルで入力した音声をPC上でmixしてアナログ端子で出力出来るという荒技を行うためであーる。

今まで光デジタル端子(角型)なんざいつ使うのよさ…ってくらいオーディオはRCAと3.5mmステレオミニプラグ環境に依存してました。ところで箱○でゲームの音声を出力させるときにHDMI接続した液晶ディスプレイ内蔵スピーカーから流れる聞くに堪えないクソ音声が嫌になってきたので、なんかいい方法ないかなと模索してました(実は箱○購入時からだったり)。ここまで書けばなんとなくこのオーディオインターフェースとの相互関係が分かると思いますが、つまり

                    ~映像と音声~                              
          ┏━━HDMI━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ディスプレイ
          ┃
          ┃
薄型箱○━┫                              Output
          ┃
          ┃                           ~音声~
          ┗━━S/PDIF━━[オーディオインターフェース]━①━[PC]━┓
                                    ┃  ┗━━━━━②━━━━━━┛
                                    ┃
                                    ┗━━━━━③━━━━━━━━2.1chスピーカー

ということになります。(下手くそな図ですいません)ちなみに箱○はHDMI端子と光デジタル端子との同時出力できます。ディスプレイからでる音声は放置プレイ(^q^)
この接続方法だとPCを起動しておかないといけないというデメリットがありますが…
接続に関して注意する点は箱○ダッシュボードからオーディオ設定をデジタル出力にしておく程度です。

さて、コイツをPCで使用する場合ですが、使い道に困るようなゴミソフトに目もくれずとりあえずコンソールパネルをインスコしました
●USB Sound Blaster Digital Music Premium HD

以前から所有していたSound Blaster X-Fi Go!と比べ設定項目がゴソッと減っているのが頂けません。
●Sound Blaster X-Fi Go!

また、かなり設定に難があり、THXを弄ると音が大きく変化します。さらに、Windowsのサウンドパネルを巧みに操らないと出力したい端子から音がでない(´;ω;`)なんてことになりかねません。

まあなんだかんだ書きましたがそこそこいい買い物だったのかなと
(ぶっちゃけSound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proを買っとけばよかったと思わないこともな(ry)
5.1chとイコライザー的な意味で

しかしSound Blaster X-Fi Go!はブツブツ音酷くて泣けてくる

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing